水洗いが不要な洗車ワックス FW1

f:id:xinn42:20160901065613j:plain

私は免許を取って今年で14年になります、今まで乗った車はスバル・フォレスター、ニッサン・モコ、ミツビシ・タウンボックス、バイクはKawasakiのエリミネーターを所持していたことがあります。

エリミネーターはそこそこいじりましたが車に関してはずべてノーマルのままで、オプションをつけたりもせずに乗っていました。
ですのでカスタムパーツなどは縁遠いかったのですが、月に1回ほどの洗車はとても楽しみで車内・車外の掃除にいろいろなアイテムを使用していました。

 エアコン洗浄剤を使った時やケルヒャーの高圧洗浄機を使った時なんかはものすごくテンションが上がりましたね、ワックスなども色んなものを試しましたがワックスに関しては時間を取りすぎるため年月が経つにつれて簡易的なものを使ってみたりするようになっていきました。

現在私は都内の片田舎でルームシェアをしており敷地内に社用車を置いての生活をしています、その中でも仲の良いルームメイトが物流の仕事をしておりカー用品を主に取り扱っているとのことでした。
きっかけはキッチンの掃除のときだったのですが私が休みの日に供用スペースの掃除をしていた時に帰宅した彼が使ってくれたものが簡易ワックス的なものだったのですが、『ウチで取り扱っている主力商品なんだ』という。

主力商品というだけあってみるみるシンクもフローリングも材質関係なくピッカピカになっていく、これが私のおすすめの商品なのですが品名は【FW1】という店頭での購入がむつかしく、ネット販売が主になっている、というものです。

 

形状はスプレー缶なのですが持ち手のところにピストル型の取っ手がついており、トリガーを引くことで噴霧できるとてもユニークな形になっている、ワックスの成分のほかに潤滑剤の成分も配合されているので噴霧したワックスをふき取るときに汚れが引っかかる特有の抵抗感がすごく薄い、簡単に拭き取れるのだ。
また、事前の水洗いも不要で、配合されているカルナウバ蝋というものがコーティング効果を持っているので撥水効果も得られるから本当に手間いらずだ。

さっそくルームメイトからそれを借りて自分の社用車に翌日使ってみた、やはり性分から洗車はしてしまったが(笑)、ガラスもタイヤも車体も関係なく本当に抵抗少なく塗り込んでいける、乾拭きも必要なのだが今までの経験上、通常のワックスがけの作業の25%くらいの時間と労力でできていると思う。


社用車ということで特に魅力に感じたのが水も使わないためクライアントとの待ち合わせなどのちょっとした時間でも簡単に車のクリーニングが行えるわけだ、お客様商売の私としては現場周りを繰り返して汚れた車でお客様と会うのがすごく嫌だったので公園のわきに止めバケツに水を汲んで拭き上げてから現場に行くような過去の苦労はもうしなくてよいわけだ。

1本3000円くらいするので値段設定としては特に高くもなく安くもなく、といったところだが軽自動車であればそこまで面積も広くないしワックス剤自体そんなに多く吹きかける必要のないものなのでうまく使えば20回くらいは使えるのではないだろうか?とのことなので費用対効果を考えたらとても有効なアイテムなのではないだろうかと思う。

車の掃除だけに制限されてしまうほかのワックスと違い普段の掃除の作業や楽器の磨き上げ、ガラスの手入れや液晶TVの画面のクリーニングなど活躍の幅を選ばないので家族全員で使えるところもこの製品の魅力と言えるでしょう。
今は会社へこの商品を紹介したところ、予想以上の反響をいただきまして会社として商品を購入し社用車を使う人たちで使っています。


水を使わない洗車&ワックス剤FW1使い方動画