読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一眼レフを買って趣味の幅が広がりました。「Canon EOS Kiss X7」

f:id:xinn42:20160907073511j:plain

消費税が5%から8%変わるときに、高い買い物は早くしておくべきかと思い、その頃なんとなくほしかった一眼レフを購入しました。
私が購入した一眼レフはCanonのエントリーモデルである「Canon EOS Kiss X7」
この機種を選んだ一番の理由が小さくて軽いボディです。
なんと400g程度なのです。
実際に手に持ってみるとびっくりするかと思います。

 私の父親が持っていた一眼レフを貸してもらったときに、ボディがしっかりしていて重かったため、手持ちで撮影することが少し苦痛でした。
重たいボディにレンズを付けるともっと重くなるのですから、ボディは軽い方が良かったのです。
ただ、見た目が小さいので玩具のようなボディで、少し握りにくいところはあるのですが、軽さを重視していた私にはとても満足できるものでした。


値段もあまり高くなく、一眼レフにしてはお手頃なのですぐに購入しました。
それに、レンズも追加購入するであろうと予測して、ボディは安く済ませたいというところが大きかったです。
一眼レフにハマると、どんどんいろんな種類のレンズがほしくなりますからね。

 

私はダブルズームキットを購入しました。
ついているレンズはもちろんCanonの純正レンズ。
18-55mmと55-250mmの2本ついていました。
近距離撮影と望遠撮影ができて価格も高くないので良かったです。
しかし、今は18-200mmのレンズを持っているため使っていないので、ボディだけ購入してレンズは別で購入しても良いかと思います。
この2本分をカバーできる距離のレンズっていくらでもありますし、私も今は使ってないですしね。

そして、使っているうちにもっといい写真が撮りたいと思うようになります。
一眼レフはボディにお金をかければかけるほど良い写真が撮れます。
私の購入した一眼レフは、入門機ですのでそれなりの写真しか撮れません。
どの程度のクオリティを求めるかによるのですが、私は今のカメラのスペックでも十分と感じています。
撮った写真をどういうふうに使用するかにもよると思います。
私は写真をフォトショップで編集して、L版の写真用紙に印刷する程度なので気になったことがありません。
普段撮っているのは、風景や花など止まっているものが主だというのもあるのでしょうが。

しかし、一時期高校野球にハマっていたときには、毎日甲子園に通って写真を撮っていました。
さすがにスポーツをしている人たちなどの動いている被写体を撮るときには、KissX7では足りないと思うことが多かったです。
野球を撮っているときにはスポーツ撮影をする記者たちが使っているEOS 1Dxがほしいと思うこともありました。
ボディは1Dxで400mmF2.8のCanon純正レンズがほしかったんですが、ただの社会人には買える金額ではありません。
ボディとレンズで合わせて、軽く軽自動車は買えるんじゃないかという金額になるので…。


さすがに趣味にそこまでかけれるお金は持っていなかったので、即断念しました。
1Dxはなにせ1秒に12コマも撮影できますからね。ちなみにKissX7は1秒に4コマです。
全然スペックが違いますよね。他にも違うところはもちろんありますが、ここに本体価格の差が出ます。
野球はサッカーなどと違って、打つ場所も投げる場所も決まっていて動かないので固定しておけば何度かチャレンジすればそれなりに撮れます。
被写体がたくさん動くスポーツは難しいと感じることが多いと思いますが、撮ったことないのでわかりません。

結論としては、購入してよかったと思います。
出かけるときには軽いので気軽にカメラを持って外に出るようになり、長時間撮影しても疲れないので楽しんで撮影ができます。
写真が撮りたいから旅行に行ったり、高校野球に行ったりと趣味の幅も広がりました。
カメラ友達もでき、交友関係も広がりました。

 

一眼レフで世界が広がります。